不倫トラブルで実際に多い脅迫被害相談事例

不倫トラブルでの脅迫被害相談

不倫トラブルで一番多い脅迫相談は、
不倫相手がなかなか別れてくれない相談、別れ話をした不倫相手から脅されている相談
になります。
不倫をしているので、配偶者(夫や妻)公認というのは殆どないでしょう。
寝取られやスワッピングの変わった性癖があるとかでもないと、公認は難しいと思います。

不倫トラブルで、最大のリスクは、配偶者(夫や妻)にばれることです。

従って不倫トラブルでは、別れたくない!と言っている相手は、
配偶者(夫や妻)にばらしてやる!とそこの弱みに付け込んできます。

女性が既婚者で脅かされている場合には
その彼氏に、裸や自慰行為・SEX等の猥褻(わいせつ)写真や猥褻(わいせつ)動画を撮影されている場合には、
更に、裸や自慰行為・SEX等の猥褻(わいせつ)写真や猥褻(わいせつ)動画をばらまく!裸や自慰行為・SEX等の猥褻(わいせつ)写真や猥褻(わいせつ)動画を家族に見せる!と脅かしてくるケースが多いです。

この場合、相手はリベンジポルノも視野に入れている場合も多いので、下手な刺激はしないほうがいいです。
相手が逆上するパターンで多いのは、弁護士や司法書士。行政書士等の法律事務屋に、不倫トラブルの解決依頼を行い、相手に通告書を送ることです。

もう一つの逆上するパターンは、警察に行くことを相手に伝える。または警察からストーカー規制法による警告をしてもらう。
ということです。

警察は、相手が所持している、貴女の裸や自慰行為・SEX等の猥褻(わいせつ)写真や猥褻(わいせつ)動画を削除させることは出来ません。

裸や自慰行為・SEX等の猥褻(わいせつ)写真や猥褻(わいせつ)動画であっても相手の所有物なので、所有物を、削除させることなど出来ないのは当然です。

法的に不可能なので法律事務屋の弁護士でも不可能です。

仮に相手がリベンジポルノをしたとしても、警察が裸や自慰行為・SEX等の猥褻(わいせつ)写真や猥褻(わいせつ)動画を削除させることは出来ないのです。
例えば行った手段が、リベンジポルノで違法行為であっても、貴女の裸や自慰行為・SEX等の猥褻(わいせつ)写真や猥褻(わいせつ)動画を所持していることは違法ではないからです。

殺人事件で、相手が殺人するために包丁を使ったからと、強制的に包丁を没収出来ないのと同じことです。

法的には不可能でも、 日本トラブル救済解決センターは、リベンジポルノ写真動画の削除も専門です。
リベンジポルノ解決依頼で請け負った案件については、貴女の裸や自慰行為・SEX等の猥褻(わいせつ)写真や猥褻(わいせつ)動画のオリジナルを完全削除させた上で、相手との永久の縁切りを確実に行います。

どんな相談でもお気軽にしてください。
全国即時対応致します。

不倫トラブルで次に多い脅迫相談は、

不倫していた事実を会社にばらしてやる!
になります。

この場合、大体、既婚者が脅かされます。
会社内で不倫したとバラされることで、出世に悪影響が出たりも実際にあります。それよりも酷いのが、失職でしょう。
その他、会社内で、不倫していたと噂になり、居心地が悪くなって辞職の道を選択したり、最悪は不倫していたことが自分の配偶者(夫や妻)にもばれることです・

不倫相手が、同じ会社内での同僚や上司と部下の関係であったりすると、会社にばらしてやる!は、効果的な脅かし言葉になります。
同じ会社内での不倫だと、会社側にバラされると、出世に悪影響、失職の可能性も高くなってきます。

不倫トラブルで、その他の不倫脅迫相談では

出会い系サイトや出会い系アプリで知り合った不倫の浮気相手から、別れるなら交際中に撮影した裸や自慰行為・SEX等の猥褻(わいせつ)写真や猥褻(わいせつ)動画を配偶者(夫や妻)に送りつけると脅迫されている

愛人関係にあった女性から別れるなら、慰謝料を払え、払わないと奥さんや会社にバラすと恐喝されている

不倫していた事実を実家にばらしてやる

があります。