嫌がらせ被害解決

友人や知人、近所、会社内、同業者、嫌がらせは、何処にでも起こりうるトラブルです。
嫌がらせ被害は、陰湿です。
嫌がらせされたからと警察に行く人もいますが、犯罪的要素があり、尚且つ証拠がないと刑事事件として受理もしてくれません。

嫌がらせ被害は、放置すると、エスカレートする可能性も高いです。

ここでのポイントは、何故、嫌がらせが起きたのか?嫌がらせをしている人物の目的は何か?自分自身に非はあるのか?になります。

日本トラブル救済解決センターは、どんな悪質な嫌がらせ被害であろうと責任もって必ず解決させます。

お任せ頂ければ、今後、貴方に一切手出しはさせないことをお約束します。

トラブルで困ると大半の人が行う行動としては、事件性があるようなものなら警察に相談しますが、嫌がらせ被害の場合には、犯罪的要素でもないと警察は動くことはありません。
警察の実態を書くと警察へ行けば、事件にしてくれる、守ってくれると思う人達は多いと思いますが、全然違います。

刑事事件として受理できるだけの証拠があるかで全然違います。

例えば不倫している弱みがある場合、家庭にばれないように配慮してくれたりはしてくれません。逆に配偶者に全部話してください。引っ越しして下さい。子供も転校してください。等、言われたりするのです。

警察にとって、刑事事件として立件できるか、できないかしかないのです。

嫌がらせ被害の場合は、嫌がらせ被害の被害者は、後の報復や仕返し等が、一番心配な事ですが、警察は考えて守ってくれることはありません。
何かあってからでは遅すぎるのに、何かあったら来てくださいと言ってくるのが警察という役所です。

また弁護士に相談すると、嫌がらせ被害も解決してくれると思っている人もいますが、実務となると全然違います。

まず弁護士は動きが遅いです。
クライアントを身体を張って守ってくれる弁護士など存在しません。

弁護士の手段は、主に内容証明書送付という事務手段 そして最終手段が訴訟という法律の事務屋なので、相手の住所や氏名が判明していれば、内容証明書を送付する事務をします。
緊急性のある緊迫した事件でも、電話よりも内容証明書を送付するです。

電話で話せるのに内容証明書送付なのです。
これが弁護士は法律事務屋と言われる理由です。

弁護士というバッチに胡坐をかいている弁護士が多いのも事実です。
しかし世の中、法律が万能で、全てのトラブルが法律で解決できることなどありえません。
嫌がらせ被害は、弁護士も、内容証明書送付という手段がメインになります。

嫌がらせ加害者から、後々の仕返しから守ってくれることなどありません。
内容証明書送付という文書を送る事が弁護士の出来る手段になります。

弁護士の解決手法が通用する人達は限られています。

弁護士など、なんとも思っていない人達には全く通用はしません。

弁護士に依頼したばかりに、逆に、事態は悪化する例も珍しくありません。

余程、交渉に有利な材料でもない限り、弁護士は役立たずです。
使い物になりません。

日本トラブル救済解決センターは
脅迫被害 恐喝被害 詐欺被害 投資詐欺被害 金銭トラブル 美人局被害 不倫トラブル 不倫相手との縁切り 友人・知人との縁切り ストーカー被害 離婚トラブル いじめ被害 嫌がらせ被害 リベンジポルノ被害 拡散や晒される前のわいせつ写真の削除・わいせつ動画の削除 暴力的な人物やストーカー気質でしつこい人物との縁切り及び関わり合いを持たせない解決  暴力団構成員・元暴力団構成員・暴力団関係者・半グレ・危険人物・精神異常者からの脅迫被害及び縁切り 企業の不正情報・犯罪情報 個人の犯罪情報・秘密情報(不倫・不正等) 通報 告発 暴露 調査・工作・護衛・等のトラブル解決が専門のトラブル解決センターです。

創業1984年 完全秘密厳守で、貴方が、お抱えの嫌がらせ被害問題を解決・救済致します。

現在、どうしようもない状況になっている方々

相手が怖いのは当然です。でも解決しないと状況は悪化するのは確実です。

自力で解決は出来ません。

相談するという勇気を出してください。

勇気を出せば貴方を助けることが出来ます。

日本トラブル救済解決センターは、 貴方の絶対的なお力になることをお約束致します。

どんな内容でもご相談下さい。