いじめ被害解決

いじめ被害は、学校だけでなく会社でも起きているトラブルです。

現代社会のいじめ問題は深刻です。

自殺されるまで誰も助けてくれない悲しいケースも珍しくありません。
警察に相談しても、まともに取り合ってもくれなく、誰も守ってくれない
誰かに言ったことで、暴力やいじめがエスカレートして悪質になっていく例も多いのです。

子供のいじめは陰湿で悪質です。
今はネット社会であり、その中の子供社会があります。
学校関係では学校の裏サイトもあり、陰湿極まりないです。
子供は無力でもあります。
子供は、助けて!のサインを出しているのに、親が気付かなかったり、サインに気付いても助けなかったりするケースは多いです。
日頃、子供との関係も良好でない場合には、子供側としては、親に助けて!サインも出せません。
子供も親と話しても無駄だと決めつけてるし、実際に、親に話しても、親もまともに向き合って取り合わない、話しないケースも多いです。
親も助けてくれない場合、子供は益々、孤立することになるのです。
そして誰も助けてくれない状況で、いじめもエスカレートしたら、自殺の選択をしてしまう子供たちが実際にいるのです。
子供社会は、大人とは違った残酷さがあるのです。

一般社会でも、会社から近所や地元で、大人のいじめは何処にでもあります。
大人のいじめも会社では上司部下等の立場的であったり、同僚同士であったりも多いです。
中には、暴力やレイプといった犯罪もあります。
そして、大体、金銭も絡み、いじめの要素の中に恐喝行為という犯罪も加算されるのです。
いじめに犯罪的要素があった場合、エスカレートするのが当たり前です。
弱みでもあった場合には、誰にも相談出来ずに一人で抱え込み、地獄のような日々を送ることになるのです。
そして大人のいじめでも実際に自殺の道を選択する人もいるのです。

いじめを行っている人間たちは、人間のクズであり擁護は全く出来ません。
いじめている側は、いじめを受けている人間の気持ちなど考えたことなどないでしょう。

日本トラブル救済解決センター は、どんな悪質ないじめ問題であろうと責任もって必ず解決させます。

お任せ頂ければ、今後、貴方に一切手出しはさせないことをお約束します。

トラブルで困ると大半の人が行う行動としては、事件性があるようなものなら警察に相談しますが、いじめ被害の場合には、犯罪的要素でもないと警察は動くことはありません。
警察の実態を書くと警察へ行けば、事件にしてくれる、守ってくれると思う人達は多いと思いますが、全然違います。

刑事事件として受理できるだけの証拠があるかで全然違います。

例えば不倫している弱みがある場合、家庭にばれないように配慮してくれたりはしてくれません。逆に配偶者に全部話してください。引っ越しして下さい。子供も転校してください。等、言われたりするのです。

警察にとって、刑事事件として立件できるか、できないかしかないのです。

いじめ被害の場合は、いじめの被害者は、後の報復や仕返し等が、一番心配な事ですが、警察は考えて守ってくれることはありません。
何かあってからでは遅すぎるのに、何かあったら来てくださいと言ってくるのが警察という役所です。

また弁護士に相談すると、いじめ被害も解決してくれると思っている人もいますが、実務となると全然違います。

まず弁護士は動きが遅いです。
クライアントを身体を張って守ってくれる弁護士など存在しません。

弁護士の手段は、主に内容証明書送付という事務手段 そして最終手段が訴訟という法律の事務屋なので、相手の住所や氏名が判明していれば、内容証明書を送付する事務をします。
緊急性のある緊迫した事件でも、電話よりも内容証明書を送付するです。

電話で話せるのに内容証明書送付なのです。
これが弁護士は法律事務屋と言われる理由です。

弁護士というバッチに胡坐をかいている弁護士が多いのも事実です。
しかし世の中、法律が万能で、全てのトラブルが法律で解決できることなどありえません。
いじめ問題は、弁護士も、内容証明書送付という手段がメインになります。

いじめ加害者から、後々の仕返しから守ってくれることなどありません。
内容証明書送付という文書を送る事が弁護士の出来る手段になります。

弁護士の解決手法が通用する人達は限られています。

弁護士など、なんとも思っていない人達には全く通用はしません。

弁護士に依頼したばかりに、逆に、事態は悪化する例も珍しくありません。

余程、交渉に有利な材料でもない限り、弁護士は役立たずです。
使い物になりません。

日本トラブル救済解決センターは
脅迫被害 恐喝被害 詐欺被害 投資詐欺被害 金銭トラブル 美人局被害 不倫トラブル 不倫相手との縁切り 友人・知人との縁切り ストーカー被害 離婚トラブル いじめ被害 嫌がらせ被害 リベンジポルノ被害 わいせつ写真の削除 わいせつ動画の削除 暴力団関係者・半グレからの脅迫被害及び縁切り 企業の不正情報・犯罪情報 個人の犯罪情報・秘密情報(不倫・不正等) 通報 告発 暴露 調査・工作・護衛・等のトラブル解決が専門のトラブル解決センターです。

創業1984年 完全秘密厳守で、貴方が、お抱えのいじめ問題を解決・救済致します。

現在、どうしようもない状況になっている方々

相手が怖いのは当然です。でも解決しないと状況は悪化するのは確実です。

自力で解決は出来ません。

相談するという勇気を出してください。

勇気を出せば貴方を助けることが出来ます。

日本トラブル救済解決センターは、 貴方の絶対的なお力になることをお約束致します。

どんな内容でもご相談下さい。