リベンジポルノ脅迫被害(晒す!拡散!ばら撒く!)問題への対策

別れた彼氏や、今付き合っている彼氏に、晒す!拡散!ばら撒く!等とリベンジポルノ脅迫をされた時の対策はあるのか?

別れた彼氏や別れた不倫相手から、復縁しないと 裸やオナニー・SEXの写真や動画を拡散する!ばら撒く!晒す!売る!見せる!等と脅されるのは非常に多いです。
また現在、付き合っている彼氏や不倫相手と別れようとしたら、裸やオナニー・SEXの写真や動画を拡散する!ばら撒く!晒す!売る!見せる!等と脅されるのも多いです。
復縁や別れたくないがための脅かしなのですが、根本的な問題は、裸やオナニー・SEXの写真や動画を相手に所持されている事なのです。
何故なら、相手に所持された裸やオナニー・SEXの写真や動画は、法律的に、強制的に削除させることが出来ないなのです。

このケースの脅迫被害の対策は、相手が所持している裸やオナニー・SEXの写真や動画を完全削除することしか解決方法はありません。

安易に裸やオナニー・SEXの写真や動画を撮影させた、または、撮影された ことに対し、
削除が簡単に出来ると思っている方は多いです。
しかしながら、削除は簡単に出来ません。

例えば、貴方が、綺麗な風景や友達や家族との旅行、ペットの写真や動画のデータを所持しているとして、これを他人が法的な手続きをして、削除させられることがないのと同様に、裸やオナニー・SEXの写真や動画も他人から強制的に削除させられることはないのです。
裸やオナニー・SEXの写真や動画を相手に所持されていて、削除して!と言い、相手が 削除したよ! と言われても殆どのケースで削除などされていないのです。
そもそも簡単に削除するくらいなら最初から撮影はしないのです。

ですので、簡単に削除は出来ません。

法的に不可能なので、警察や弁護士に相談したとしても、削除に関しては、警察も弁護士も解決は出来ません。

但し、相手が、リベンジポルノを実際にしたとしたら、リベンジポルノ防止法で警察に被害届で刑事事件に出来ます。
ネット上に拡散させられたら、掲載されているサイトの運営者に、被害者本人から削除依頼をすることは出来ますが、弁護士に依頼したほうがスムーズにいくこともあります。

また、拡散する!ばら撒く!晒す!売る!見せる!等の脅かしは、 脅迫罪として立件できる場合もありますが、刑事事件に出来るには、余程、極端な脅かしをされた場合です。
そしてリベンジポルノ防止法違反で、刑事事件になったとしても、警察に、写真や動画を強制的に削除する権限はありません。

日本トラブル救済解決センターは、

リベンジポルノ(復讐ポルノ)問題解決のパイオニアとして、数々のマスコミ取材やマスコミ協力も行っており、創業1984年以来、の解決実績が、何よりの信頼の証です。

また、既に、ばら撒かれてしまった状況であっても、これ以上の拡散を防がねばなりません。

ばら撒いた証拠が、たとえ無かったとしても

日本トラブル救済解決センターは、特殊な解決ノウハウと独自のコネクションも使い、100パーセント確実に、相手が所有するオリジナルの写真や動画を削除させた上、永久に関与してこれない完全解決が出来ます。

リベンジポルノ(復讐ポルノ)問題に発展しそうな状況の女性の方は、取り返しのつかない状況になる前に、勇気を出して、貴女の人生を守る行動に出てください。

リベンジポルノされたら元には絶対に戻せないのです。

日本トラブル救済解決センターが、相手から貴女をお守りしながら、誰にも知られずに、リベンジポルノ(復讐ポルノ)問題(晒される前の写真や動画の削除)を100パーセント確実に、完全解決することをお約束致します。