日本で起こるあらゆる脅迫被害 恐喝被害 詐欺被害 投資詐欺被害 金銭トラブル 美人局被害 不倫トラブル 不倫相手との縁切り 友人・知人との縁切り ストーカー被害 離婚トラブル いじめ被害 嫌がらせ被害 リベンジポルノ被害 拡散や晒される前のわいせつ写真の削除・わいせつ動画の削除 暴力的な人物やストーカー気質でしつこい人物との縁切り及び関わり合いを持たせない解決 暴力団構成員・元暴力団構成員・暴力団関係者・半グレ・危険人物・精神異常者からの脅迫被害及び縁切り 企業の不正情報・犯罪情報 個人の犯罪情報・秘密情報(不倫・不正等) 通報 告発 暴露 調査・工作・護衛・等のトラブル解決が専門のトラブル解決センターです。

日本トラブル救済解決センターは、下記のトラブルから救済致します。

警察や弁護士などで解決できなかった方も諦めずにご相談下さい。

日本トラブル救済解決センター 取扱項目

○脅迫被害の解決 ○恐喝被害の解決  

○詐欺被害の解決  ○投資詐欺被害の解決  ○金銭トラブルの解決  

○美人局被害の解決

○不倫トラブルの解決  ○不倫相手から脅かされている被害の解決

○不倫相手と別れたい問題の解決 ○不倫相手と縁切りしたい問題の解決 

○友人・知人と縁切りしたい問題の解決

○ストーカー被害の解決  

○離婚トラブルの解決  

○いじめ被害の解決  ○嫌がらせ被害の解決  

○リベンジポルノ被害の解決  

○晒される前のわいせつ写真の削除問題の解決 

○晒される前のわいせつ動画の削除問題の解決 

○暴力的な人物から脅かされている脅迫被害の解決

○ストーカー気質でしつこい人物から脅かされている脅迫被害の解決

○暴力団構成員から脅されている脅迫被害の解決 

○元暴力団構成員から脅かされている脅迫被害の解決  

○暴力団関係者から脅かされている脅迫被害の解決  

○半グレから脅かされている脅迫被害の解決

○暴力的な人物と縁切りしたい問題の解決

○ストーカー気質でしつこい人物と縁切りしたい問題の解決

○暴力団構成員と縁切りしたい問題の解決 

○元暴力団構成員と縁切りしたい問題の解決 

○暴力団関係者と縁切りしたい問題の解決 

○半グレと縁切りしたい問題の解決 

○調査 ○工作 ○護衛 ○解決コンサルタント

○企業の不正情報・犯罪情報 告発 暴露 調査 

○個人の犯罪情報・秘密(不倫・不正等)情報 告発 暴露 調査 

世の中、正しいことが正しいとは通らず、真の正義などない世の中になっています。
日本は法治国家であるはずなのに、当の警察・検察に、真の正義はありません。
実際に何か被害にあって警察に相談した人は、真の正義などないことがよく実感できると思います。
日本の司法の闇を知れば知るほど、正義などない事がよく分かります。
法の下の平等などありません。巨悪や権力者ほど、罪を免れ、被害者は泣き寝入りするのです。

単純な金銭の貸し借りでも、相手が返さないからと被害者(債権者)が、債務者に言葉を荒げたりしたりした位で、貸したお金を約束通りに返さない詐欺師ともいえる加害者(債務者)が、警察に、債権者に脅されたと被害届を出し、逆にお金が返金されない被害者(債権者)が恐喝未遂罪の加害者扱いとされ逮捕されるのです。

貸してもらったお金は返すのが当たり前です。約束通りにお金を返さない債務者は悪質な詐欺師とも言えます。このような相手に言葉を荒げたくらいで加害者にされ逮捕されるのは日本くらいです。

これは、金銭の貸し借りでなく詐欺被害に遭っても同じです。詐欺をされた詐欺師に、被害者が金返せ!と言葉を荒げたりすると、詐欺師が警察に、「脅された!」と被害届を出し、そうなると、詐欺被害者の方が加害者となり、恐喝未遂罪で逮捕されます。

日本の司法は、正しいことが正しいとは通りません。明らかに詐欺をした相手が悪いにも関わらず、詐欺罪として立件が難しい詐欺師の逮捕より、恐喝未遂罪で立件しやすい詐欺被害者の方が逮捕されるのです。

基本、警察は、刑事事件にしやすい案件は被害届は受理はするが、立件が難しい案件は受理さえもしないのです。これが日本の司法の実態であり、世界から日本の司法は最低だと言われてる実態を国民自体が知らないのが問題です。

このような日本の司法の実態から、詐欺師にとっての日本は、詐欺天国だと言っても過言ではないでしょう。

弁護士は、所詮は法律事務を専門とするに過ぎません。
弁護士のやり方は、相手の連絡先が分かっているにも関わらず、相手と直接、直に会って交渉はしません。内容証明書という、単なる一方的に勝手な言い分だけを書いた手紙を送るだけにすぎないのです。

内容証明書自体は、有利な材料にさえなりません。

単なる記録の残る手紙に過ぎません。

また弁護士からの内容証明書は、簡単に受け取り拒否が出来ます。

内容証明書で解決出来ないとわかると、訴訟出来るような案件なら訴訟を提起したりしますが、訴訟で勝訴すれば何でも解決する事などありません。

何故なら、民事裁判の目的は金銭だからです。例え、敗訴したとしても、敗訴した人物が、敗訴する前に、自分名義の不動産、動産を、家族名義や他人名義にしてしまっていたら、裁判所の判決書で出来ることなど何もありません。


裁判に勝てば、相手は判決に従うしかないと思っている人は多いですが、実際は、勝訴する事と解決は全く別の問題なのです。


民事裁判での限界を熟知している悪知恵の長けた相手にとっては、裁判など何とも思っていない実態があります。


弁護士の最終手段は訴訟による勝訴です。裁判勝訴しても解決しない案件には、弁護士は、それ以上何も出来ません。


これが法律事務屋に過ぎない弁護士の限界です。

悪党たちがのさばる世の中、やったもの勝ちの世の中、正直者が馬鹿を見る世の中、被害者なのに加害者扱いされる世の中で、依頼人の絶対的な力となる日本トラブル救済解決センターを設立しました。     

      夜も寝れないほど悩まされているトラブルを早急に解決したい!

苦しめられている相手を何とかしたい!

晴らせぬ思いを晴らしたい!

警察や弁護士に相談しても解決しない問題を解決したい!

狙われている問題を解決したい!

自分一人では思うように動けない!

どう動いていいかもわからない!

自分だけでは心細い!

トラブル解決実務に精通するプロフェッショナルの力を借りたい!

等、貴方は現在、先の見えないトンネルの中で苦しみ、お困りのことと思います。

日本トラブル救済解決センターは、

今の状況から責任をもって貴方を救済することをお約束致します。

先ずは、貴方がどのような問題を解決したいと望まれているか?

貴方のご要望をご相談下さい。

北海道 札幌 青森県 青森 岩手県 盛岡 宮城県 仙台 秋田県 秋田 山形県 山形 福島県 福島 茨城県水戸 栃木県 宇都宮 群馬県 前橋 埼玉県 さいたま 千葉県 千葉 東京都 東京 神奈川県 横浜 新潟県 新潟 富山県 富山 石川県 金沢 福井県 福井 山梨県 甲府 長野県 長野 岐阜県 岐阜 静岡県 静岡 愛知県 名古屋 三重県 津 滋賀県 大津 京都府 京都 大阪府 大阪 兵庫県 神戸 奈良県 奈良 和歌山県 和歌山 鳥取県 鳥取 島根県 松江 岡山県 岡山 広島県 広島 山口県 山口 徳島県 徳島 香川県 高松 愛媛県 松山 高知県 高知 福岡県 福岡 佐賀県 佐賀 長崎県 長崎 熊本県 熊本 大分県 大分 宮崎県 宮崎 鹿児島県 鹿児島 沖縄県 那覇  


全国47都道府県 即時対応致します。 

日本トラブル救済解決センター

東京都豊島区池袋4-17-3 


TEL 050-3573-9489

(年中無休 受付時間 : AM8時~AM0時まで) ※非通知は受付致しません

24時間受付 メールでのご相談はこちら↓↓

HP : https://justiceoffice.biz/

mail: info@justiceoffice.biz

無料お見積もりをご希望の方は↓↓

無料お見積もり

    ご相談無料 完全秘密厳守

日本トラブル解決救済センターは、非弁行為は行う解決センターではありません。
日本トラブル解決救済センターは、あらゆるトラブル解決を行う解決コンサルタント護衛センターとなります。

訴訟や法的事務サービスをお求めの方は、弁護士事務所に直接お問い合わせ下さい。