企業の不正情報・犯罪情報 個人の犯罪情報・秘密情報(不倫・不正等) 通報 告発 暴露 調査・工作・護衛・脅迫被害 恐喝被害 詐欺被害 投資詐欺被害 金銭トラブル 友人・知人との縁切り 美人局被害  不倫トラブル 不倫相手との縁切り ストーカー被害 離婚トラブル いじめ被害 嫌がらせ被害 リベンジポルノ被害 わいせつ写真の削除 わいせつ動画の削除 暴力団関係者・半グレからの脅迫被害及び縁切り トラブル解決が専門です。

正義のトラブル解決所 ジャスティスは、下記の問題について、取り扱っております。

正義のトラブル解決所 ジャスティスは、貴方の絶対的な力にならせて頂きます。

貴方がお困りの問題をご要望通りに完全解決致します。

警察や弁護士などで解決できなかった方も諦めずにご相談下さい。

正義のトラブル解決所 ジャスティス 取扱項目

○企業の不正情報・犯罪情報 告発 暴露 調査    
○個人の犯罪情報・秘密(不倫・不正等)情報 告発 暴露 調査 
○脅迫被害 ○恐喝被害 ○詐欺被害 ○投資詐欺被害 ○金銭トラブル ○美人局被害
○不倫トラブル ○不倫相手と別れたい ○不倫相手と縁切りしたい ○不倫相手から脅かされている被害
○友人・知人と縁切りしたい
○ストーカー被害 ○離婚トラブル ○いじめ被害 ○嫌がらせ被害 ○リベンジポルノ被害 
○わいせつ写真の削除 ○わいせつ動画の削除 
○暴力団構成員から脅されている被害 ○元暴力団構成員から脅かされている被害 ○暴力団関係者から脅かされている被害 ○半グレから脅かされている被害 
○暴力団構成員と縁切りしたい ○元暴力団構成員と縁切りしたい ○暴力団関係者と縁切りしたい ○半グレと縁切りしたい ○調査 ○工作 ○護衛 ○解決コンサルタント

世の中、正しいことが正しいとは通らず、真の正義などない世の中になっています。
日本は法治国家であるはずなのに、当の警察・検察に、真の正義はありません。
実際に何か被害にあって警察に相談した人は、真の正義などないことがよく実感できると思います。
日本の司法の闇を知れば知るほど、正義などない事がよく分かります。
法の下の平等などありません。巨悪や権力者ほど、罪を免れ、被害者は泣き寝入りするのです。

単純な金銭の貸し借りでも、相手が返さないからと言葉を荒げたりしたりした位で、貸したお金を約束通りに返さない詐欺師ともいえる加害者が、警察に、脅されたと被害届を出し、逆にお金が返金されない被害者が恐喝未遂罪の加害者扱いとされ逮捕されたりするのです。

貸してもらったお金は返すのが当たり前です。約束通りにお金を返さない相手は悪質な詐欺師とも言えます。このような相手に言葉を荒げたくらいで加害者にされて逮捕など日本くらいです。

これが金銭の貸し借りでなく詐欺被害に遭っても同じです。詐欺をされた詐欺師に、金返せ!と言葉を荒げたりすると、脅されたと詐欺師が警察に被害届を出して詐欺被害者が恐喝未遂罪で加害者として逮捕されたりするのです。

日本の司法は、正しいことが正しいとは通りません。明らかに詐欺をした相手が悪いにも関わらず、詐欺罪としては立件は難しいから、言葉を荒げて返金を迫った被害者を恐喝未遂罪で立件しやすいからと逮捕するのです。

基本、警察は、刑事事件にしやすい案件は被害届は受理はするが、立件が難しい案件は受理さえもしないのです。これが日本の司法の実態であり、世界から日本の司法は最低だと言われてる実態を国民自体が知らないのが問題です。

このような日本の司法の実態から、詐欺師にとって、日本は詐欺天国だと言っても過言ではないでしょう。

弁護士は、所詮は法律事務を専門とする事務屋に過ぎません。
弁護士のやり方は、相手の連絡先が分かっているにも関わらず、相手と直接、直に会って交渉するよりも、内容証明書という単なる一方的に勝手な言い分だけを書いた手紙を送るのです。

内容証明書自体は、有利な材料にさえなりません。

単なる記録の残る手紙に過ぎません。

また弁護士からの内容証明書など受け取り拒否も簡単に出来ます。

内容証明書で解決出来ないとわかると、訴訟出来るような案件なら訴訟を提起したりしますが、訴訟で勝訴すれば何でも解決する事などありません。

何故なら民事裁判の目的は金銭であり、例え、敗訴したとしても、敗訴した人物が、敗訴する前に、自分名義の不動産、動産を家族名義や他人名義にしてしまってたら、裁判所の判決書で出来ることなど何もないのです。


裁判に勝てば、相手は判決に従うしかないと思っている人は多いですが、実際は、勝訴する事と解決は全く別の問題なのです。


民事裁判での限界を熟知している悪知恵の長けた相手にとっては、裁判など何とも思っていない実態があります。


弁護士の最終手段は訴訟による勝訴です。裁判勝訴しても解決しない案件には、弁護士としては、それ以上は何も出来ません。


これが法律事務屋に過ぎない弁護士の限界です。

悪党たちがのさばる世の中、やったもの勝ちの世の中、正直者が馬鹿を見る世の中、被害者なのに加害者扱いされる世の中で、正義のトラブル解決所 ジャスティスを、依頼人の絶対的な力になる為に設立しました。

夜も寝れないほど悩まされているトラブルを早急に解決したい!

苦しめられている相手を何とかしたい!

晴らせぬ思いを晴らしたい!

警察や弁護士に相談しても解決しない問題を解決したい!

狙われている問題を解決したい!

自分一人では思うように動けない!

どう動いていいかもわからない!

自分だけでは心細い!

トラブル解決実務に精通するプロフェッショナルの力を借りたい!

等、貴方の絶対的なお力になります。

どのような問題でも貴方のご要望をご相談下さい。

貴方を今の状況から責任もって必ず救済することをお約束致します。